岸和田だんじり祭りで役立つ便利グッズ5選!

岸和田だんじり祭で役立つ便利グッズ5選

岸和田だんじり祭で持っていると役立つ便利グッズを5つ紹介します。

毎年60万人の人が訪れる岸和田だんじり祭では大きな荷物はご法度!

移動する時に荷物が邪魔になるだけではなく、
禁止されている持ち物もあるので予めチェックしておいたほうがいいです。

また、便利グッズを持っているだけで鑑賞がより楽しく、より快適になります。

現地で手に入るものもありますが、予め準備しておいたほうがいいものもあるので、
観光でお越しになる際は参考にしてみて下さい。

帽子

炎天下の下でだんじりを鑑賞する時には持っておいた方がいいです。

だんじり祭の現場にはものすごい人数が集まっているので、
人の熱気だけでも気温がかなり上がっています。

更に観覧席で1時間半や2時間ジッーとだんじりを鑑賞していると、
日射しがけっこう体にこたえます。

ちなみに、だんじり鑑賞時の日傘や傘の使用は禁止されています。

現場ではまず傘自体を出す機会はないと思っておきましょう。

9月はまだまだ暑く、熱中症で運ばれる人も毎年いるのでご注意下さい。

うちわ・扇子

快適に鑑賞するために、できれば持っておいたほうがいいアイテムです。

「ちょっと暑いからクーラーが入った涼しい場所に…」というように、
人込みで気軽に場所を移動し辛いのが祭の難点です。

現地では観光客向けにだんじり祭のうちわもグッズ販売されているので、
お土産という意味も含めてそのような商品を買うのもいいですね。

合羽

岸和田だんじり祭は「雨祭り」という呼ばれ方もあるほど、
台風の多い時期だったり季節の変わり目だったりと天候に恵まれないことも多いです。

明らかに天候が良く雨が降る気配も無い場合は必要ありませんが、
雨が降りそうな予報の場合は念のために持っておいた方がいいと思います。

現地で合羽を調達できるかどうかは運次第です。

雨が降るとコンビニや百均などに多くの人が合羽を求めて駆け込むので、
争奪戦となって買えない可能性もあります。

だんじりマップ

岸和田だんじりマップ

祭会場で無料で配られているだんじりマップです。

毎年発行されていて、片面は岸和田地区、片面は春木地区のマップが載っています。

各町の場所や曳行スケジュール、曳行コース、トイレの場所、迂回ルート、
鑑賞時の注意事項なども書いてあるので持っておいて損はありません。

岸和田駅中央改札前など、観光者向けに設置されているのでぜひ活用して下さい。

サザンプレス

岸和田だんじり祭のサザンプレス

地図はもちろん、各町のだんじりの紹介やだんじりの彫り物についての知識、
岸和田駅前商店街のショップ情報など岸和田だんじり祭の情報が満載の情報誌です。

広告主のおかげで「これが本当に無料なの?」と思えるほどで、
情報満載、オールカラーのクオリティの高い情報誌です。

発行部数も限られるので、駅や色々なスポットで見かけた人はラッキーです!

スポンサードリンク