地元民推薦!岸和田だんじり祭のオススメの観覧場所5選

岸和田だんじり祭のおすすめの観覧場所を5つ紹介します。

毎年60万人が訪れる岸和田だんじり祭は会場がとても混雑するので、
「どこでだんじり祭を見るのか?」がポイントになってきます。

2019年は岸和田だんじり祭の有料観覧席の設置がないので、
無料で迫力あるだんじりが楽しめる観覧場所をまとめました。

地元民もよく観る人気のスポットや穴場も紹介!

よければ参考にしてみて下さい。

岸和田だんじり祭のオススメの観覧スポット【2019年版】

カンカン場

岸和田だんじり祭のカンカン場

カンカン場は、岸和田だんじり祭のメインスポットです

重量4トンを越えるだんじりが次々と直角に曲がっていく「やりまわし」は必見!

「やりまわし」自体は他の主要スポットでも見れますが、
カンカン場は祭のメインスポットだけあって左右から次々と各町がやってきます。

岸和田だんじり祭の当日はカンカン場の前を走る臨海線の一部が通行止めになり、
上り線の車道が歩行者天国のようになって観覧場所になります。

上り線側は解放されて観覧場所に、下り線側はだんじりが通る感じです。

カンカン場のポイントは次の3つです。

  • メインスポットなので各町のだんじりが次々来る
  • 道幅が広いので、スピーディーな「やりまわし」が見られる
  • 車道(4車線)が解放されるので、閲覧場所が広い

岸和田だんじり祭で一番人気の観覧場所なので混み合いますが、
総合的な満足度が高いです。

迫力のあるだんじり曳行が見られて、お祭り気分を盛り上げてくれる露店も出ていて、
後ろにはショッピングモールがあるで飲食やトイレなどにも困りません。

らんかん橋

岸和田だんじり祭のらんかん橋

「らんかん橋」も岸和田だんじり祭では人気の観覧場所です。

だんじりが山側から海側へ、また大阪方面から和歌山方面に一気に直進したり、
海側(カンカン場方面)へやり回しも行うので見応え十分!

1本道はズレますがカンカン場よりも手前にあるので、
駅からも近いので比較的スムーズに移動もできます。

ただし、らんかん橋には注意点が1つあります。

矢印を見ても分かるようにだんじりが縦断したり横断したり、曲がったり、
らんかん橋は岸和田だんじり祭の中でもとても忙しい交差点です。

「縦に規制線、横に規制線、解放、次は縦に規制線…」のように、
観覧できる場所がだんじりが来るその時々で変わります。

警備による規制の案内はあります。【従えばOK】

現場に行ってしばらく居ると規制線の動きも感覚的に分かると思うので、
「規制線に左右されない無駄に動かなくてもいい場所」を見つけてみて下さい。

観覧場所は随時変わるので、らんかん橋付近の観覧場所は自分で探すしかないです。

らんかん橋のポイントは次の3つです。

  • カンカン場に繋がる道なのでだんじりが多く通る
  • 直進したり、勢いよく曲がったり、色々なだんじりの姿が見られる
  • 規制線がその時々で変わるので注意!

警備を担当してくれている祭礼関係者の皆様は命を預かっているので、
規制線が移動するらんかん橋は特に警備の指示が厳しい時もあります。

ご理解、ご協力をお願いします。

北町(きたんまち)交差点

岸和田だんじり祭の北町交差点

カンカン場よりも1つ北側の交差点が「北町交差点」です。

紀州街道と春木岸和田線の交差点である菊右衛門橋から北上してきただんじりが、
大阪方面に向かって勢いよくやり回しをするスポットです。

交差点が広いのでスピーディーなやりまわしも多く、
カンカン場からは1本外れているので混雑具合も多少はマシです。

また、大坂方面からカンカン場に向かう直進するだんじりも見学できます。

北町交差点のポイントは次の3つです。

  • カンカン場とか逆の「細い道から太い道に曲がるやり回し」が見られる
  • カンカン場よりも人が少ないので若干見やすい
  • 見学スペースが限られる(交差点付近は狭い)

トイレや買い物などはコープがあるので問題ありません。

岸和田駅南交差点

岸和田だんじり祭の岸和田駅南交差点

岸和田駅の南側にある交差点で、岸和田だんじり祭の観覧場所としては穴場です。

やりまわしが見れる交差点ながらギャラリーが少なく、
駅からも徒歩すぐでコンビニも近くて好立地です。

タイミングによってはだんじりがあまり来ない場所ですが、
らんかん橋やカンカン場にも繋がる道なので来る時は沢山来ます。

「気長にゆっくりとだんじりを見たい!」という人におすすめです。

岸和田駅南交差点のポイントは次の3つです。

  • ギャラリーが少ないので快適にだんじりを見られる
  • タイミングによってはだんじりが来ない
  • 駅やコンビニも近い好立地

ザワザワとしていないゆったりとした時間が流れている観覧場所です。

線路の高架下には警察の交通指示のミニやぐらが組まれているので治安的にも安心で、
祭で起こりがちな揉め事やトラブルなども心配ありません。

塔原線(川端筋)

岸和田だんじり祭の岸和田港塔原線

塔原線(とのはらせん)を移動していると、岸和田だんじり祭を総合的に楽しめます。

上の地図写真で塔原線に青い帯を付けましたが、
ご覧の通り塔原線はたくさんの観覧場所を含んだ「だんじり街道」です。

自分の前にも後ろにもだんじりがいるという風景が普通です。

また、塔原線は約800mほど屋台が左右にズラーッと並びます。

だんじりも次々と通るので露店を楽しみながら観覧したり、
スポットスポットで少し立ち止まって観覧してもいいですよね。

塔原線を歩いていると岸和田駅南交差点をスタートとして、
らんかん橋も通り、一番人気のカンカン場にも繋がります。

塔原線のポイントは次の3つです。

  • 岸和田だんじり祭の観覧スポットを沢山訪問できる
  • 屋台が800mズラっと並んでいてお祭り気分を味わえる
  • ぶらぶら歩きながらだんじり鑑賞もおすすめ!

以上、岸和田だんじり祭のオススメの観覧場所を5つ紹介しました。

よければ参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク